Dental Implant Guide

トップページ

インプラントQ&A

3Dプリンター

口腔内スキャナー

インプラント

インプラントを安全に

インプラント治療の順序

インプラント臨床ケース

各種接骨法

サイナスリフト

サイナスソケット

GBR

PRP

ボーングラフト

骨を増やしたケース

サイナスリフトを行ったケース

歯周病で歯を失ったケース

交通事故で歯を失ったケース


機材道具

ピエゾサージェリー

オステル

生体モニター


ブリッジ

ブリッジの形成

ブリッジの欠点


入れ歯

抜けたままにすると

上顎過萌出

下顎傾斜

フレアーアウト


滅菌

治療費

監修


東京都港区 中川歯科クリニック

中川歯科クリニック予約




ブリッジの欠点

1 ブリッジは少なくても2本以上の歯を削る必要があります。

2 削ることにより歯自身を弱くしてしまう危険性があります。

3 1本の歯にトラブルが生じた場合には、ブリッジを全てやり直す必要があります。

4 3本以上が連結されているので、歯ブラシをするのが難しくなります。

5 欠損した歯の噛む力の分も、被せている歯が負担しなければなりません。

6 欠損した部分の骨と歯ぐきは噛む刺激を受けないために、経年的に痩せていきます。

2次カリエス,歯肉炎






ブリッジは2本以上削る必要があります。
3本以上が連結しているので清掃が難しくなります。
そのためむし歯リスクが高くなります。歯肉炎や歯周病の危険性も増えます。

骨吸収






欠損した部分の骨と歯ぐきは噛む刺激を受けないために、経年的に痩せていきます。



インプラントでは、残っている健康な歯に負担を増やすことはありません。顎の骨には自然の歯と同じように噛む刺激が伝わり、骨が痩せることもありません。老人のような顔貌になるのを防ぎます(アンチエイジング)。


イラストは下記2社のソフトを使用しました。
D Patient EducatorImplant Version(有限会社フェデュコ)
メドバイザーデンタル(株式会社モリタ)

Copyright (c) Dental Implant Guide.All Rights Reserved.
implant.dental-guide.net