Dental Implant Guide

トップページ

インプラントQ&A

3Dプリンター

口腔内スキャナー

インプラント

インプラントを安全に

インプラント治療の順序

インプラント臨床ケース

各種接骨法

サイナスリフト

サイナスソケット

GBR

PRP

ボーングラフト

骨を増やしたケース

サイナスリフトを行ったケース

歯周病で歯を失ったケース

交通事故で歯を失ったケース


機材道具

ピエゾサージェリー

オステル

生体モニター


ブリッジ

ブリッジの形成

ブリッジの欠点


入れ歯

抜けたままにすると

上顎過萌出

下顎傾斜

フレアーアウト


滅菌

治療費

監修


東京都港区 中川歯科クリニック

中川歯科クリニック予約




インプラント治療費

診査・診断

図1
インプラントの埋入手術の前には、顎の立体構造を把握しておく必要があります。CTスキャンの撮影により、顎の内部構造を立体的に確認することができます。
図2
3D模型を用いて骨や歯の状態を知ることは、インプラントの埋入手術や歯周病の増骨手術などの術前の診査診断に助けになります。

簡単な説明
金額
CT撮影費用(院内)
CT診断で3次元的な外科シュミレーションをコンピューター上で行うことにより安全な手術が可能です。
初回のみ
¥5000
3D模型
CTデータから3Dプリンターで骨のモデルを製作します。
¥10000

増骨手術

図3
術前の写真です。歯の存在した骨は退縮して骨の厚みは2〜3mmしかありません。
図4
サイナスリフトの手術により10〜12mmの骨を増やすことができました。
図5
GBRは人工骨を入れ、人工膜でカバーすることで骨を増やすことができます。
図6
GBRで人工骨が自家骨入れ替わり、インプラントを埋入することができます。

簡単な説明
金額
サイナスリフト
上顎の骨を広範囲に増やす手術です。
¥280000 (左右片側)
サイナスソケット
上顎の骨を小範囲に増やす手術です。
¥100000 (左右片側)
GBR
歯を抜いた部分や骨が欠損している部分に骨を増やす手術です。
¥100000

手術に使用する材料

図7
採血をして,遠心分離器にいれ、成長因子を含んだ濃縮血漿を作ります。
図8
濃縮血漿は人工骨と混ぜたり、インプラントに付着して定位置に埋入します。ガラス製の容器の下にあるつぶつぶが人工骨です。

簡単な説明
金額
PRGF
血液中の成長因子を多く含んだ血漿成分で、人工骨や自家骨と使用します。
¥25000
人工骨
0.5g 、1g 、2gの単位でパッケージされ、増やす骨の量により選択します。目安として1歯の抜歯窩で0.5g使用します。
0.5g \16800
1.0g \25000
2.0g \47200
自家骨の採骨
ご自身の骨を使用します。例えば智歯(親知らず)付近の骨などから採骨します。
\20000
人工膜
増やした骨を保護するために被せます。術部に合わせた大きさの膜を使用します。
1歯用  ¥24600
2〜3歯用 ¥28300
4〜6歯用 ¥31500

インプラントの埋入手術

図9
インプラントの埋入手術に使用するステントです。これで、ドリルの位置方向が決まります。左は3Dプリンターで製作しました。右は歯型を取り技工士さんが製作しました。現在は3Dプリンターを使用することが多くなっています。
図10
歯が1本欠損しています。ブリッジ、1本義歯、インプラントの3つから選択することができます。
図11
欠損部にインプラントが埋入されました。
図12
インプラント埋入時にはインプラントの歯肉寄りの開口部には汚れや骨が入るのを防ぐためにカバースクリュー(背の低いネジ)を装着します。
図13
インプラント埋入から3ヵ月後にカバースクリューを外し、歯茎の高さよりも高いネジに交換します。写真はカバースクリューを外した状態です。
図14
静脈内鎮静でインプラントの埋入手術中です。

簡単な説明
金額
手術用ステント
インプラントの位置方向を決める道具です。
¥7500
インプラントの埋入
インプラントを骨に埋め込む手術です。
¥150000(インプラント1本)
静脈内鎮静
麻酔専門医を呼び、静脈内鎮静法と術中の全身管理を行います。
¥60000

2次手術


簡単な説明
金額
2次手術
インプラントのカバースクリューからヒーリングカラーへの交換をします。
¥5000 (インプラント1本)

アバットメント(土台)

図15
左の写真の上にあるネジがアバットメントスクリューでインプラントに固定されます。その下が既成のアバットメント(土台)で、下がインプラントです。
右の写真は既成のアバットメント(土台)をインプラントに固定されています。
図16
インプラントに既成のアバットメント(土台)を装着しました。
図17
2つ共カスタムアバットメント(土台)です。インプラントの方向を修正する必要があるケースや、審美性を考慮する被せ物の時に使用します。
図18
インプラントとカスタムアバットメント(土台)はチタンのネジで固定されています。

簡単な説明
金額
金属(既成)
既成の金属製アバットメントを切削して調整します。
¥60000
カスタムアバットメント
患者様個々に金属を鋳造してアバットメントを製作します。前歯部など審美性を考慮する時や、ブリッジのインプラントの平行性を揃えるために使用します。
¥80000
ジルコニア
CAD/CAM技術でジルコニアをミリングマシンで切削して製作します。白いアバットメントです。
¥120000

補綴物(被せ物)

図19
インプラントとアバットメント(土台)、そして被せ物が装着されました。
図20
被せ物が装着されました。

簡単な説明
金額
パラジューム合金
銀色の金属製の被せ物
¥70000
ゴールド
金を多く含んだ金属でゴールド色です。歯と歯が擦り合った時に歯に近い硬さで歯を磨り減らしません。
¥120000
ダイレクトクラウン
コンポジットレジン(プラスチック)で作られた被せ物で歯と同じ色です。臼歯部のみに使います。
¥40000
ハイブリッドクラウン
金属製のコーピング(キャップ)にセラミックの微細な粒子を80%以上入れたプラスチックを積層して個人の歯に合った形や色を作ります。
¥80000
セラモメタルクラウン
金属製のコーピング(キャップ)を製作しその上にセラミックを築盛し、セラミック用の窯で焼成を交互に行います。
¥120000
オールジルコニアクラウン
ジルコニアは臼歯部に使用しても十分な強度があります。しかし光を透過させない白色の材料のため、審美性が優先される前歯部に単一素材で使用するのは難しいとされ、金属の代替品のイメージでした。最近では透明感を持ち、濃淡のあるジルコニアが開発され審美性も向上しております。犬歯より後方の臼歯に使えます。
¥100000
セラミックジルコニアクラウン
二酸化ジルコニウムZrO2が主成分で、湿式製法により製作されたブロックや円盤として供給されます。CAD/CAM技術によりミリングマシンで削り出したジルコニアのコーピング(キャップ)に技工士がセラミックを多層盛りし、歯の形態にします。ジルコニアは圧縮強さや曲げ強さは優れた材料ですが、光透過性が悪いため単体で前歯部には使用しません。
¥150000

多数歯欠損

 欠損の本数が多い場合、インプラントは歯の本数入れる必要はありません。
例えば通常、智歯(親知らず)を入れない場合、歯の本数は上、下顎14本ずつで上下で28本になります。下顎に歯が1本もない場合には4〜6本のインプラントで、上顎なら6〜8本で口腔の機能を回復することができます。
 セラミックで製作すると治療費が高くなるため、義歯に使用する材料を使うことで治療費を節約することができます。ただ、歯の本数に金額を乗算するだけで治療費の見積もりを出せるわけではありません。使用する金属量や技工料がケースにより大幅に変化するため、ご相談させて頂いております。

ボーンアンカード・ブリッジ

 上顎か下顎の片方で7本以上欠損があり、歯肉退縮(歯肉が減っている状態)の場合には既成の人工歯で被せ物を製作するため、個々にセラミックで製作するより格安になります。インプラントのアバットメント(土台)を連結したフレームの上に、義歯用の人工歯や歯茎の色をしたプラスチックで修復する方法です。

インプラント義歯

 インプラントを2〜4本埋入して、アバットメント(土台)にニッケル、コバルト、鉄を含む金属を付けます。義歯にはマグネットを埋め込み、磁力で義歯が外れないようにします。また、アバットメント(土台)に特殊な金具を付け、義歯にオーリング(小さいゴム輪)を埋め込み、ゴムの力で外れないようにする方法などがあります。インプラント義歯は固定式ではなく、歯を磨く時などには外せます。総入れ歯に使うことがほとんどです。

サンプル1 (料金に消費税は含んでおりません)

奥歯が1本欠損している増骨しなくて良いケースでは・・・

診査・診断+手術+2次手術+被せ物(アバットメント)
お支払いは 手術、2次手術、被せ物(アバットメント)の3回に分けます。

〈 診査・診断 〉
CT撮影5000円
3D模型10000円
〈 手術 〉
インプラント埋入手術150000円
小計 1回目お支払い165000円
〈 2次手術 〉
5000円
小計 2回目お支払い5000円
〈 被せ物 〉
金属(既成)アバットメント60000円
ダイレクトクラウン40000円
小計 3回目お支払い100000円
合計270000円

サンプル2 (料金に消費税は含んでおりません)

前歯が6本欠損、それぞれが骨を少量増やす必要があり、インプラントは同時に2本埋入、被せ物はブリッジにするケースでは・・・

診査・診断+手術(増骨手術+インプラント埋入)+2次手術+被せ物(アバットメント)
お支払いは手術(増骨手術+インプラント埋入)、2次手術、被せ物(アバットメント)の3回に分けます。

〈 診査・診断 〉
CT撮影5000円
3D模型10000円
〈 手術 〉
・増骨手術
GBR100000円
PRGF25000円
人工骨(1.0g)25000円
人工膜(2〜3歯用)28300円
・インプラント埋入手術150000円 ×2本
小計 1回目お支払い493300円
〈 2次手術 〉
5000円 ×2本
小計 2回目お支払い10000円
〈 被せ物 〉
カスタムアバットメント80000円 ×2本
ハイブリッドクラウン80000円 ×6本
小計 3回目お支払い640000円
合計1,143,300円

* 料金は2016年5月からの現在の料金表です。材料や技工料金により、変更することがあります。



Copyright (c) Dental Implant Guide.All Rights Reserved.
implant.dental-guide.net