Dental Implant Guide

トップページ

インプラントQ&A

3Dプリンター

口腔内スキャナー

インプラント

インプラントを安全に

インプラント治療の順序

インプラント臨床ケース

各種接骨法

サイナスリフト

サイナスソケット

GBR

PRP

ボーングラフト

骨を増やしたケース

サイナスリフトを行ったケース

歯周病で歯を失ったケース

交通事故で歯を失ったケース

メインテナンス(定期検診)


機材道具

ピエゾサージェリー

オステル

生体モニター


ブリッジ

ブリッジの形成

ブリッジの欠点


入れ歯

抜けたままにすると

上顎過萌出

下顎傾斜

フレアーアウト


滅菌

治療費

監修


東京都港区 中川歯科クリニック

中川歯科クリニック予約




生体モニター

 高血圧や心臓疾患をもった患者さんは当然ですが、既往歴のない患者さんでもインプラント等の観血処置などを行う場合に、血圧・心電図・体温・呼吸数・心拍数・脈拍数・酸素飽和度・不整脈等を高速で正確に測定する必要があります。当院では、患者様の安心で安全な治療のため、生体情報モニター導入を行っております。





図1
これが手術に使用する生体情報モニターです。

図2
酸素飽和度を測定するプローブを人差し指に装着します。





図3
心電図を計測する電極を3カ所に装着します。右の胸に電極をセットします。

図4
左の胸に2番目の電極をセットします。





図5
上腕部に血圧測定のカフを巻き、3番目の心電図用の電極を付けます。

図6
麻酔科の先生は患者様の経時的な状態を記録します。手術中には局所麻酔追加の指示や、状態を教えてくれ安心安全な手術が可能です。




図7
生体情報モニターと麻酔科の先生により、安心安全な手術をすることができます。


Copyright (c) Dental Implant Guide.All Rights Reserved.
implant.dental-guide.net